トップ >> 図書・測定機器貸出

図書・測定機器貸出

  • ビデオ・DVDはセンター内のご視聴に限らせていただいておりますのでご了承ください。
番号 ビデオタイトル 時間 発行所 内容
5-e-2 (DVD)<改訂版II>安全な有機溶剤作業の基礎知識
―有機溶剤中毒を防ぐには―
24分 PRC ・有機溶剤の活躍と中毒による災害事例
・人体に対する毒性と作用
・有機溶剤の危険性
・有機溶剤中毒を防ぐには
・防毒マスクの使い方
5-e-3 (ケーズズタディ)有機溶剤による災害を防ぐには
-作業中の急性中毒の防止対策-
30分 PRC 中毒事故の事例より問題点を提起し、有機溶剤の特徴、中毒の自覚症状、救助の方法、予防の基本的対策を解説しています。
5-e-4 防毒マスクの正しい使い方
16分 PRC 呼吸用保護具はろ過式と給気式とに分けられます。使用上の注意とマスクの仕組み、使い方を解説しています。
5-e-5 騒音障害を防ごう
-障害防止の基礎知識-
32分 PRC 騒音現場で就業している作業者を対象に騒音障害予防に必要な基礎知識を解説しています。
・音の正体と性質
・騒音性難聴の症状
・騒音障害を予防する対策の基本
5-e-6 プロテクト・ユー4/
検証 有機溶剤
19分 スリーエムヘルスケア 有機溶剤は、注意を怠ると体に有害な物質です。有機溶剤の危険性を検証しています。
5-e-7 職場の健康シリーズ
酸素欠乏症と硫化水素中毒を防ぐには
19分 安井電子出版 酸素欠乏症と硫化水素中毒を災害事例を用い、その知識と予防策を解説しています。
5-e-8 見えない蒸気
~健康な職場づくり~
25分 安全衛生映像研究所 有機溶剤を取り扱っている小規模の工場で作業者が突然“めまい”で倒れたのを契機に、衛生管理者の指導のもと、社長自ら地域の仲間と相談しながら、明るく健康な工場にしていく過程を描いています。
5-e-9 危険!有機溶剤
~爆発実験と取り扱い方~
17分 安全衛生映像研究所 引火性有機溶剤の危険性について、実験室で「火が走る」こと、「爆発する」ことをメタノールなどのテストで紹介、さらにその正しい取扱い方、中毒防止策等も具体的に解説しています。
5-e-10 ふせげ!酸欠災害
32分 PRC 酸素欠乏症等による災害の傾向として、その基本対策はおろか、災害危険に対する認識不足や、不活性ガスの取扱いミス、二次災害の多発状況などが指摘されています。
5-e-11 みんなの安全シリーズ
酸欠 -その恐ろしさと対策-
30分 楓プロダクション 1.人は酸素なしでは数分もいきられない
2.酸欠はどうしておこるか
3.対策と救出作業の実際
5-e-12 正しい呼吸用保護具の使い方
29分 PRC 粉じん・有機溶剤・特定化学物質・酸素欠乏空気等々が発散、あるいは、その恐れがある作業環境下では、呼吸用保護具を装着し、その吸入を防止する必要があります。
5-e-13 (DVD)安全衛生保護具を正しく使おう<改訂版>
25分 PRC 111安全衛生保護具の使用にあたっては、まず第一に作業の危険性や有害性に適応したものを選定し、それを正しく着用すること、そして定められた使用方法を正しく守ることです。
5-e-14 熱中症とその対策
24分 メディカルリサーチセンター 高温障害でおきる熱中症(熱疲労、熱射病、熱けいれん)について解説しています。
5-e-15 難聴と耳鳴り
20分 日本医学映音社 聴こえのしくみ、どんな病気で難聴になるのか、聴力の検査、老人の難聴、補聴器の正しい選び方と使い方などを解説。また耳鳴りはどんなものか、その対策について説明しています。
5-e-16 (DVD)<改>作業環境管理の考え方
26分 PRC 新任労働衛生担当スタッフや、ラインの管理監督者を対象に、「作業環境管理」の正しい知識の習得と、日常の管理実践意欲の高揚を主なねらいとします。
5-e-17 わかりやすい職場の騒音管理
騒音障害防止の為のガイドライン
23分 日本作業環境測定協会京葉支部 騒音性難聴・職業性難聴・老人性難聴の特性を説明し、騒音の測定方法とその結果を分析、解説しています。
5-e-18 作業環境の評価
58分 岩波映画製作所 第1管理区分・第2管理区分の算出の仕方や作業環境測定における作業標準値を算定し、その結果を評価・解説しています。
5-e-19 運転疲労と解消法
17分 全日本交通安全協会 これまであまり目を向けられなかった「運転疲労」のこわさを訴え、運転における疲労とは何かを探り、更に疲労を防止し解消するにはどうしたらよいかを考えます。
5-e-20 熱中症の予防と救急措置
-職場からの熱中症をなくそう-
17分 ASP 熱中症はなぜ起きるのか、どうすれば予防できるのかを解説しています。
5-e-21 現場で役立つ熱中症対策
-予防から救急処置まで-
13分 大塚製薬 災害事例を中心に、熱中症の知識から予防、救急処置を解説しています。
5-e-22 薬傷防止の基礎知識
-酸・アルカリ-
27分 PRC 特定化学物質とアルカリの性質、用途、危険・有害性、取り扱い上の注意事項、そして、もし接触などした場合の救急処置などについて、実験をまじえて解説しています。
1.酸=硫酸(H2SO4)/硝酸(HNO3)/塩酸〔塩化水素〕(HCI)/フッ化水素酸(HF)
2.アルカリ=カセイソーダ(NaOH)
5-e-23 (DVD)酸欠症等の災害事例と安全作業のポイント
29分 PRC ・酸素欠乏空気の発生原因と災害事例
・硫化水素の発生原因と災害事例
・酸欠危険作業での災害の原因
・安全な酸欠危険作業のポイント
・酸素欠乏症等の災害が起きたら
5-e-24 エチレンオキシドによる健康障害を防止するために
~正しい滅菌作業の手順~
17分 中央労働災害防止協会 平成13年度から医療機関で滅菌ガスとして使用されているエチレンオキシドが労働安全衛生法の対象となった為、エチレンオキシドによる健康障害を解説しています。
5-e-25 生活シーンからの熱中症予防対策
~起床から就寝まで~
20分 中央労働災害防止協会 親子3人の家族を中心としたドラマを通して、熱中症の予防対策を分かりやすく解説しています。
5-e-26 (DVD)改訂版 特定化学物質による障害予防の基礎知識
28分 PRC 特定化学物質障害予防規則の改正箇所について教材を改訂。1.化学物質の危険有害性の種別と法規制/ 2.特化則の目的と作業主任者の職務/特化物による健康障害予防対策を有効に推進するには
5-e-27 もしものときの応急処置マニュアル
~熱中症~
15分 教配 ・熱中症とは ・熱けいれんの症状・処置の実際 ・熱失神の症状・処置の実際 ・熱疲労(脱水症)の症状・処置の実際 ・熱射病の症状・処置の実際 ・まとめ
5-e-28 (DVD)検知管式ガス測定器の正しい使い方
17分 PRC 作業環境測定法の中でも比較的だれでも簡単に使用でき、しかも、信頼性のある測定結果を得られるのが検知管式ガス測定器です。1.検知管式ガス測定器の用途と構成 2.検知管の構造と選定3.ポンプの構造と機能 4.正しい測定方法 5.ポンプの保守管理
5-e-29 (CD-ROM)化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS)
30分 厚生労働省 国連GHS勧告に対応しています。GHS教育ツール(平成18年度:事業者用)GHS概論、GHSに関するQ&A、分類の手引き(単一物質・混合物)ラベル作成のための絵表示を紹介しています。
5-e-30 (CD-ROM)化学製品のラベルを見よう!
科学物質の危険性を知り健康と環境を守るために
30分 厚生労働省 国連GHS勧告に対応しています。GHS教育ツール(平成19年度:労働者用)ラベルの内容の説明、危険性を知らせる絵に関する情報、取扱の注意と応急措置、関係した国内法令等を紹介します。
5-e-31 (DVD)真夏の建設現場
熱中症の危険と脳梗塞
16分 労働調査会 ・熱中症の分類とその症状をもう一度、確認しておこう。・熱中症の応急処置は「休息+冷却+水分補給」・具体的にはどんな予防対策をしたらよいのか。・夏場に増える脳梗塞。脱水が発症の引き金に。・脳梗塞とは。・脳梗塞の原因は。・予防するには。・現場も日頃の生活も重要。
5-e-32 酸欠を甘く見るな!
~酸素欠乏症等の防止~
22分 セーフティーコミュニケーション 建設現場では、地下ピットやマンホール内など、酸欠災害等が起こる箇所が多々あり、毎年多くの作業員が災害に遭われています。このビデオは、ドラマ仕立てで危うく「酸素欠乏症」の災害を起こす一歩手前の二人の作業員を見つけ、作業に待ったをかけ、死と隣り合わせの「酸素欠乏症等」とはどのようなものかを、様々な事例を交えながら分かりやすく解説していきます。まさに、酸欠を甘く見てはいけないことが、よく分かります。
5-e-33 有機溶剤中毒にならないために
正しく学ぶ建設業の有機溶剤基礎知識
23分 セーフティーコミュニケーション 溶剤も年々いろいろなものが開発されています。これら新しい溶剤や他の溶剤を混ぜて使った場合の毒性については、分っていないことも有り、実際に扱う労働者にとっては非常に危険な現状です。シンナーや接着剤などが有機溶剤であり、扱いによっては有害なことはわかっていても、つい軽く見てしまう事も多いと思います。高濃度の有機溶剤を吸えば急性中毒に、低濃度でも長い時間吸えば慢性中毒を引き起こし、死に至る事もあります。このことから、作業員の皆さんには正しい知識を知って頂きたいです。
5-e-34 熱中症はこわくない!
予防対策10か条
35分 ASP 猛暑日の多い最近の夏の労働現場で、労働災害のリスク要因として定着した熱中症。高温多湿の現場では知識の不足や体調管理の不備は、熱中症の危険を増幅させることが分かっています。しかし熱中症は正しく対策すれば防げるのです。 この教材は熱中症の危険と正しい管理、応急措置のし方等を、アニメで分かりやすく展開し、現場労働者向け、管理監督者向けの6つのエピソードで構成したものです。各エピソードは単独でもご覧頂ける為、短時間の研修にもお使い頂けます。
5-e-35
新着
危険!職場を襲う熱中症
~求められる対策と安全管理~
25分 (株)映学社
5-e-36
新着
熱中症対策のウソ&ホント
あなたの知識は正しい?
27分 (株)プラネックス 熱中症について、あなたの知識が正しいかどうか、「クイズ形式」で確認していけます。 <視聴対象者:事業主、職長、作業員>
5-e-37
新着
振動障害にならないために
~正しい作業と健康管理~
20分 (株)プラネックス この映像教材は平成21年7月10日に改正された「チェーンソー以外の振動工具の取扱い業務に係る振動障害予防対策指針」に基づく「振動工具取扱い作業従事者教育DVD」です。 1.工具の選定と点検整備 2.正しい作業と保護具の着用 3.適正な作業時間 4.日常の健康管理 5.振動障害研究の権威が語る